Mobile Menu

別れさせ屋の歴史・必要性とは?「男女関係のプロ」は時代に求められている

別れさせ屋の歴史・必要性とは?「男女関係のプロ」は時代に求められている

by 「別れさせ屋(工作)と不倫浮気ニュース」管理人, 2019年2月15日

「他人の恋愛に口を出すのは野暮だ・醜悪なことだ」と言われていますが、本当にそうでしょうか。

依頼を受けて対象カップルをされる「別れさせ屋」は古くから存在し、最近になって需要が急増しています。一方でいまだに認知が進まず、別れさせ屋に依頼することに自責の念を抱える人も一向に減りません。

別れさせ屋の歴史と必要性を知れば、依頼する人自身が抱える誤解も解けます。

今悩んでいる人に知ってほしい「別れさせ屋が存在する理由」について紹介します。

 

別れさせ屋(工作)と浮気不倫ニュース

別れさせ屋の歴史

別れさせ屋は100年以上存在している職業

別れさせ屋は探偵業許可に基づく職業です。調査だけでなく「別れさせたい・したい」といった最終的な要望まで一元的に解決できるため、毎年全国で数千人以上(関係者を含めれば数万人)が駆け込んでいます。

日本で探偵業が始まったのは明治時代のことですが、それ以前から「恋愛問題を解決できる人」の需要はありました。厳しい身分制が敷かれていたころは、恋愛が一切許されなかったからです。武家や富裕な町民が高額な謝礼を払い、別れさせ工作を生業とする人に依頼していたのです。

時代が下って恋愛が許されるようになると「婚約者の身元を調査してほしい」という依頼が増えるようになります。実はだった・愛人が他にもいたという事実が見つかれば、興信所からの紹介で工作員が解決にあたります

以上のように、別れさせ屋は常に求められていた職業です。しかし、日本は海外に比べてやや法整備が遅れているという問題があります。

 

2007年にようやく制度化へ

欧米諸国では、20世紀半ばに「調査や工作をする探偵」についての様々な制度が敷かれています。

しかし日本では、2007年まで「探偵は何をやっていい職業なのか」という決まりすらありませんでした。探偵業法が成立し、別れさせ屋も届出制になってから、わずか16年あまりです。法令化されて以降、別れさせ工作をする会社はむしろ減っています。これは、違法業者・悪徳業者が一掃されたことが理由です。

とはいえ未だに「別れさせ屋に依頼人が脅された」「身体を使った違法な工作」の被害は減らず、問題になることもあります。

恋愛サポート企業の増加と細分化

近年、恋愛サポートに特化した企業が増えてきました。恋愛のフェーズごとに専門とする業種が細分化され、さまざまな恋愛サービスが提供されています。出会いから交際、結婚、浮気、不倫、別れ、復縁など、恋愛には多くのフェーズがあります。

出会いをサポートする業者には、マッチングアプリや婚活サービスがあります。個々の要望や条件に基づいて相手を紹介し、出会いの機会を提供します。

恋愛のアドバイスを専門とする業者には、恋愛コーチや恋愛アドバイザーがいます。恋愛に関する相談やアドバイスを通じて、健全な恋愛関係の構築をサポートします。

結婚やパートナーシップを促進する業者には、結婚相談所や婚活イベントがあります。婚活支援やマッチングサービスを提供し、結婚に向けたサポートを行います。

浮気や不倫の調査や解決に特化した業者には、探偵や興信所、パートナーの浮気や不倫の証拠を収集し、関係の真実を明らかにします。またその解消に努めます。

浮気や不倫の解決に特化した業者には、別れさせ屋があり、浮気や不倫を行っている相手との関係を終わらせることです。相手に対してさまざまな調査や工作を行い、関係を解消させる努力をします。

離婚の法的サポートを行う業者には、弁護士事務所が活躍しています。法的な手続きや助言を提供し、円満な別れや離婚の実現をサポートします。

復縁を支援する業者には、復縁屋復縁コンサルタントがあります。別れた相手との再会を促進し、関係修復のためのアドバイスやプランを提供します

これらの専門業種が存在することで、恋愛や人間関係のさまざまな局面に対応するための多様なサービスが提供されています。各業者は、専門的な知識と経験を持ち、クライアントのニーズに合わせたサポートを提供することを目指しています。

これらの業種は、それぞれ異なる専門性とアプローチを持ち、恋愛や人間関係の課題に対して異なるサービスを提供しています。恋愛サポート業界の増加と細分化は、個々のニーズや要望に対応し、より専門化されたサービスを提供することを可能にしています。

別れさせ屋の必要性

別れさせ屋の必要性については、あまり認識されていません。

まだ法整備されたばかりで、メディア・ドラマなどで面白おかしく取り上げられてしまったという経緯もあります。世間が真面目に必要性を議論することは、現時点では期待できません。

一方で、こんな事実があります。

 

3人に1人が浮気経験あり!愛人探し用のマッチングアプリまである

愛人探し用のアプリまで…別れさせ屋の需要が増える理由

2014年に民間会社が調査した結果によると、男性は33%・女性は27%の人が「浮気をしたことがある」と回答しています。

浮気経験のある人の割合に、地域差や収入差はほとんどありません。「出会いが多い環境だと浮気しやすい」という俗説がありますが、不適切な関係を結ぶきっかけに環境や収入は無関係です。本命のパートナーに別れの理由をこじつけて浮気相手へと乗り換える人も、一定数いるでしょう。

また、一時は「愛人や浮気相手を探せる」と謳うまで存在しました。

外資系が運営しており、欧米から日本に進出した形です。大規模な個人情報漏洩事件を起こして縮小しましたが、現在も運営中です。

いくら倫理観の高い社会でも、不適切な関係を結びたいと思う人が増えるのを止めることは出来ません。もう「個人の問題」では済まない状況になりつつあります。

 

離婚・破談を避けるための「別れさせ屋」が求められている

別れさせ屋は「女性の貧困」を防ぐために需要がある

日本はまだ、女性の権利や環境を守る制度に乏しい国です。貧困と孤独に追いやられる人の多くが、シングルマザーや未婚女性です。

夫の行為に悩んでも、やすやすと離婚するわけにはいきません。元カノと関係を続ける婚約者に悩む人も同様です。

お子様のいる家庭で妻の浮気に悩んでいる男性も、類する悩みを抱えているでしょう。から母親の存在を奪うことは出来ず、かといってシングルマザーの経済状況を頼みにすることも出来ません。

このようなジレンマを抱える・カップルは増える一方で、破局を回避して復縁したいという望みのための「別れさせ屋」に対する需要もまた増加傾向にあるのです。

 

家族・友人ではなくプロに相談を

浮気や愛人関係が社会問題であるということは、自分の身に起こってみないと分からない事です。周りの人に相談しても「どっしりと構えていれば戻ってくる」「そもそも浮気された方が悪い」といった無責任な言葉が返ってくるだけでしょう。こうした状況が改善されるのはずっと先のことです。

他人に理解してもらえない悩みをぶつける存在としても、豊かな経験を持つ別れさせ屋が多くの人々から求められています。

なるべく早い段階でプロに相談することが大切です。

 

禍で悪化する関係でお悩みの方へ

コロナ禍で生活様式が大きく変わったことで、家族に対するDVやSNS、LINEなどの交流で不倫や浮気を初めてしまうケースが増えています。
DVや不倫、浮気は簡単に許せることではありません。それでも、パートナー間で解決できればまだ良いですが、根本的な解決には長期化してしまう内容が多いです。では、解決に向けてどうしたら良いか。
別れさせ屋株式会社にご相談くださいコロナ渦で別れさせたい。別れたい。その気持ちを実現する「別れさせ対応」の専門家により設立された専門会社です

別れさせ屋(工作)と浮気不倫ニュース おすすめサイト

別れさせ屋・不倫・浮気ニュースから別れさせ屋(工作)スタッフブログへ

別れさせ屋スタッフによる別れさせ工作対応や別れさせ屋・不倫・浮気ニュース

復縁屋株式会社の復縁カウンセラー(R)-別れさせ屋・不倫・浮気ニュース

復縁のための復縁カウンセラーによる無料相談実施中

値段が安い浮気調査のうら事情 - 浮気調査興信所・探偵事務所

料金の高い安いの違いで浮気調査にどんな影響があるのか? ~別れさせ・不倫・浮気調査の実例から見る探偵事務所・興信所の違いとは~

別れさせ屋と浮気不倫ニュース